« Andreas Gursky | メイン | フューリガン Furygan -1 »

バリー・マッギー TWIST

barrymcgee.jpg

Barry McGeeってのはこんな人らしい。

この中でもっとも認知されているであろうTWIST(ツイスト)ことバリー・マッギーは、サン・フランシスコ を拠点にストリートで生きる人々というのをテーマにした作品で知られ、近年グラフィティ界のみならず アート界へも大きな影響を与えている。 -prco-art.com

グラフティアートってそんなに興味はなかったけれど、タギングはカッコいいなって思っていたんですよね。でグラフィックもタギングも(一緒かもしれないけど、、)良いのがTWISTで、2000年にパルコギャラリーで開催された企画展に彼も参加していると聞いて、もち行ってまいりました。この瓶はそこで売っていたもので、確か1000円くらいだったように思います。


twist.jpg

この手のアートって壁だったり建造物などがキャンバスの場合が多いから、意外と貴重品かもしれんと思って買ってみました。MoMaで催された展覧会で描いたグラフィックも、終了時には白く塗ってしまったらしいし。

そういえばもしかしたらもう無いかも知れないけど、ワタリウムの倉庫の壁に、キース・へリングの絵が描いてあるの知ってますか? こっれってイベントが終わったら壊す、または壁を塗るといった約束をして、キース・へリングに描いてもらったのに、その約束を反故にしてそのままにしていたらしい(噂)。 その気持ち非常によくわかります。

ワタリウムといえば、ヤン・フートの企画展が催された時の丸珍エピソードを思い出したんだけど、長文になりそうなので止めます。

関連記事
Barry McGee . Biography | PBS -Art:21

・・このブログは基本的には僕の持っている物を写真に収めた、物ログにしようと思っていて、いちいち長いコメントを記すつもりもなかったんですよね。なかなか方向が定まらないし、デザインもデフォルトのままだし、色々遅々として進みませんです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.oldschoolnews.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/9

コメント (3)

松田潤:

はじめまして
バリーマッギーの作品類を探しております。
http://www.oldschoolnews.com/archives/cat_3.html
この瓶等譲っていただけないでしょうか?
譲っていただける方を御存じないでしょうか
宜しくお願いします

kuni:

松田さん、初めまして。
せっかくコメントいただいて申し訳ありませんが、
この瓶を譲るつもりはありません。ご期待に沿えず残念です。

>譲っていただける方を御存じないでしょうか
エントリにもあるように、この瓶はパルコミュージアムで入手しました。
当時はもっと大きな作品も販売しており、なかなか買い手が付いていませんでした。
まずはパルコミュージアムに問い合わせてみては如何でしょうか?

またこの企画展の協力していた以下の組織の連絡先をちょっと調べてみました。
Deitch Projects,  http://www.artseensoho.com/Art/DEITCH/deitch.html
Little More, ←??
Gingham Inc., 092-734-5420 http://www.happyhour.jp/sample/narat2001.html ←これは怪しいです。
SILK MASTER CO.LTD  http://silkmaster.thaiexponet.com/

特に一番上のDeitch Projects, は画廊だしNYだし、コンタクトしてみる価値はありそうです。
この程度の協力しかできませんが、気に入った作品が手に入ることを願っています。

松田潤:

早速御丁寧に
ありがとうございました!

コメントを投稿

About

2004年01月04日 00:25に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Andreas Gursky」です。

次の投稿は「フューリガン Furygan -1」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35