« Arizona インディアン | メイン | Rainbow Takeaway - Kevin Ayers »

Seditionaries

seditionaries1.jpg

このセディショナリーズはガーゼシャツなどで有名な絵柄のひとつ。ハーケンクロイツのDestroy柄やGod save the Queenなんかが有名だけど、このハードゲイ柄も相当クールです。

これは15年くらい前に原宿のA・Store・Robotで買い求めた品。当時ガーゼシャツ、ボンテージと揃えただけで10万以上はかかったと思う(何ぶん大昔の事なので定かではないが・・)。「何でこんなに高いんだ、でも欲しい、高いけど欲しい、だってぼくはパンクじゃないか」。などとアナーキーとは程遠い悩みに胸を痛めていたわけで・・。

1971年、ヴィヴィアン・ウェストウッドとマルコム・マクラーレンは、チェルシー地区のキングス・ロード430番地で長く営んでいる風変わりな洋服屋のうちの、最初の店である"LET IT ROCK"をオープンした。1973年には次の"TOO FAST TO LIVE TOO YOUNG TO DIE"、そして1974年には”SEX”、1976年に"SEDITIONARIES"、最後に1980年から現在に至る"Worlds end"へと変わっていった。 - A・Store・Robot

seditionaries2.jpg

ちなみに最終的にはボンテージは買わないで、革パンとRed Wingのエンジニアを買いました。もちシドチェーンもね。もう一つちなみに、僕は当時"上野毛Sex Pistols"というあまり知られていないバンドでシド ヴィシャスを演じていたのですが、実には貧乏でロットンの衣装を揃えられなかったから、泣く泣くシドを選んだって事は更に知られていない。Who killed bambi ?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.oldschoolnews.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/26

コメントを投稿

About

2004年01月27日 23:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Arizona インディアン」です。

次の投稿は「Rainbow Takeaway - Kevin Ayers」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35