« セミナーミルク・クレイジー | メイン | 銭洗い弁天 »

Happy Holiday

部屋に帰ると見慣れぬDHLの黄色い箱。誰からだろう?手にとって眺めていると、小包爆弾で手を大怪我した事件が脳裏をよぎり慌てて箱を机に置く。住所を見ると発送元はカリフォルニアのようだ、、脳内の友人・知人録にスキャンを掛けるが中々該当者は現れない。NYの友人達はもう既に全員日本に帰国している。駄目だわからん。

「まさか自分に爆弾テロなんて大事件が降りかかるはずは無いよ、箱を開けちまおうぜ相棒」僕の興味が囁きだす。で、あっさり欲望に従う事に決めた僕は、念のためバイク用のグローブを付け、更にヘルメットを被ってカッターを握りしめ、、テープをスパーっと切ってみた…オイなんだこれは!

中から出てきた箱には白地に見慣れたGoogleのステッカーが貼ってあるじゃない。そしてその箱を開けると、まずグレーの巾着っぽい袋が見えて、次に箱と巾着の隙間にカードが入っているのを見つけた。まずはそのカードを引っ張り出してみる。

HappyHoliday2.jpg

Happy Holiday ハッピーホリデー 等と様々な言語で書いてある。「あっ!」その瞬間に僕は閃いた、すぐさまブラウザを立ち上げGoogleのトップへアクセス→ そしてロゴマークにマウスを重ねて暫く、、ALTの文字が浮かび上がってきた。

Happy Holiday from Google
Happy_Holiday_from_Google.gif

すごい、なにがなんだか今は分からないけど、すごいぞGoogle。僕はその時、ネットを介したブラウザ上と、そしてリアルな僕の部屋ではカリフォルニア経由のカードの両方から「Happy Holiday」で挟み撃されてしまった。とても不思議で、身に余る光栄。

そして巾着袋から出てきたのはMathmosのTumblerみたいなランプにラジオが付いた素敵な色の憎い奴。Google Storeを探したけど、こんなものは売ってないよ。どうみてもクリスマス用のスペシャルグッズにしか見えないです。

HappyHoliyday1.jpg

最初はマウンテンビューへ出張しているM下さんからのクリスマスプレゼントかとも思ったけれど、そうじゃないように思う。だって僕の住所を控えて持っていったりしなそうだし、クリスマスに合わせて送ったりも出来なそうだし、名前がどこにも書いてないし、、で結局これだけ反対の要素があるのなら、やはり違うと考えるべきと結論した。

では誰が一体。。それは正直分かりません。ただGoogleが何かしらの特定多数の方に送ってくれたんだと思ってます。どなたかお分かりの方、教えてくださいませ。でもとにかくGoogleサンタありがとう、あなたはやっぱり神です。多少インデックスが遅くても、一生付いていきます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.oldschoolnews.com/cgi-bin/mt-tb.cgi/121

コメント (6)

at:

クリスマスおめでとうございます。僕も知りませんでしたが、G社にとって、かなり特殊な位置にいる人だけに贈られているのではないかと勝手に推測しております。ところで周波数って日本のFMに合っているでしょうか?

92:

atさん、メールでもお返事いただきありがとうございます。
ラジオは未だ使ってないんですよ。とりあえずランプ機能だけ試しました。

とにかくノベリティ大好きな僕には、本当に天からの授かりもののように、ありがたいプレゼントでした。
でも今月はまったくもって十人並みの成績が続いているので、来年は貰えないでしょうね。

白:

わあー、超うらやましい!
馬やらしい!どぉおこみてんのよぉおお!
・・・あれ。と、とりみだしました。

私には届かなかったです。
でも魔法の小袋楽しみにしてます。
30分に一回92さんが爆笑できますように。

eza:

私も最初小包爆弾かと思われ、母に捨てられそうになりましたよ(--) とてもうれしかった!やっぱりGoogleだね。

sbt:

私も別ルートからいただきました。
使い方を確認せずに電池を入れたため、
いきなり大きな音を鳴らしてしまいましたが。
白さんも無事GETできて、よかったですね!

92:

>白さん
お久しぶりです。とりあえず僕の本名を書くの止めてもらっていいですか? よろしくDEATH。

>ezaさん
あれま、ezaさんのところにも届いてたんだ。すごく綺麗ですよね。使わないなら僕に下さい。

>sbtさん
白さんは手に入れてない様ですよ。

コメントを投稿

About

2004年12月25日 00:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「セミナーミルク・クレイジー」です。

次の投稿は「銭洗い弁天」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35