April 30, 2004 [ 車の保険 ]

車の保険 用語集

insurance-tt.jpg

車の保険の用語集です。自動車保険はやたらと小難しく、聞きなれない言葉が沢山でてきます。この用語集は、車の保険を理解するに最低限必要な言葉を簡単にまとめてあります。参考までにご覧ください。

自動車の保険用語集

自動車の保険
自動車事故を起こしたときなどに、掛金に応じた補償をしてくれる車の保険。
加入が義務づけられている自賠責保険(強制保険)と、加入は自由の自動車の任意保険がある。
リスク細分型
年齢や性別、車の使用目的など、加入者の条件によって保険料の設定がなされる自動車の保険。
不担保特約
不担保とは責任を負わないということ。事故を起こしたときの補償範囲に制限を加える。
等級
運転者の運転履歴によって与えられる、ドライバーの優良度をはかるためのランク。
これまでは1等級から20等級まで設定されており、20等級が最高。
対物賠償保険
自動車を運転中に他人の建物・器物などに損害を与えた時、その損害を補償してくれる車の保険。
対人賠償保険
自動車を運転中、他者に死傷などの損害を与えたとき、その損害を補償してくれる車の保険
示談交渉サービス
対人事故や対物事故を起こした際、相手との交渉を保険会社が本人の代わりに請け負ってくれるサービス。
人身傷害補償保険
事故を起こした際、自分の過失割合に関係なく相手との示談が成立する前でも契約金額を上限として自分の傷害の損害額が保険金として支払われる自動車の保険。
自家用自動車総合保険(sap)
対人・対物・自損事故への補償など、6種類の基本契約がセットされた自動車の保険商品。車両保険も含まれており幅広い補償範囲が特長。
自動車総合保険(pap)
5種類の基本契約がセットされた保険商品。車両保険は任意で付けることができる。
一般自動車保険(bap)
保険のセット商品中、最も保険料が安い保険となっている。その分補償される範囲は限られており、最低限の補償範囲となっている。
車両保険
保険対象車が衝突・接触の他、火災、盗難、台風、洪水、高潮など偶然の事故で損害を受けたとき、その損害を補償してくれる。
特約
保険の補償内容を充実させるために、基本契約に付加する契約。最近では様々な特約が各社から発売されている。
運転者家族限定特約
事故時の保障対象者を家族に限定することで、保険金が安くなる特約。ここでいう家族とは記名被保険者、その配偶者、同居の親族、別居の未婚の子を指す。
損害保険料率算出機構
火災保険、傷害保険、任意自動車保険、介護費用保険の参考純率を算出し、これを保険会社に提供している。参考純率とは、保険会社が保険料率の算出の基礎とすることができるもの。
保険会社は、保険業法に基づいて金融庁長官に保険料率の認可申請または届出を行う必要があるが、その保険料率の算出にあたって、純保険料率については損害保険料率算出機構の算出した参考純率を利用することができる。

Posted at April 30, 2004 02:23 PM | Trackback
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?