May 13, 2004 [ バイク ]

バイク買取・査定の仕組

kaitori-bike.jpg

Q. バイク買取と下取りどっちがお得?
Ans. バイク買取というと、正直何を基準に業者さんを決めたら良いのか迷います。そもそも乗り換えるなら、バイク買取の業者ではなく、行きつけのバイク屋さんに下取りをしてもらうのが一番だと思ってました。

だって下取りの場合、買取査定が多少からくても新しいバイクの価格を下げてくれたり、パーツをサービスしてくれたり色々良いことがあります。かくゆう僕も塗装、マフラー、新しいパーツの取り付けなんかを全部無料でしてもらいました。というのも"買取→販売"という転売サイクルを一所で出来てしまう訳ですから、色々融通が利くわけです。


Q. バイク買取は完全に不利なの?
Ans. そもそもバイク買取がダメなのではなく、バイク買取を専門に行っている店は買い取ったバイクをオークションによって販売するため買取店利益の他に、オークション費用が余分にかかるという欠点を抱えています。これは決定的ともいえる欠点ですが、、ここで問題になる中間マージンを省く流通経路(オークションで販売しない)を確立し、それを売りにしているのが最近のスタイルのようで、とくに大手はそうしてるようです。

kaitori1.gif

Q. バイク買取は何軒か回って、バイク査定してもらった方が良い?
Ans. 査定データベース説 > どこで査定しても同じ。
なんでも業者間で共有している固体査定額のデータベースがあるという噂。例えば業者Aで、97年式 GPZ900Rを買取査定してもらって20万と査定されたとする。するとその後、何軒業者を回っても心が揺らぐ程に査定額が差が無いということ。

というのも買取業者は査定前に必ずフレームナンバーを確認するらしく、それにより当該GPZは業者間の端末に登録され、ほとんどの業者に最初の買い取り額が、上限情報として出回るので大体どの買い取り専門業者でも20万ということにならしい。※僕の友人でバイク屋の取締り役がいるんですが、彼いわくそういったシステムは彼の地域にはないそうです。

ただこれはあくまでも噂で、実際5千円でも違えば、高い方に売った方が言い訳で、複数のバイク買取業者に査定してもらうのは無駄とは思えないですね。


Q. 雑誌には沢山バイク買取業者が出ているけど、どこが信用できますか?
Ans. ある有名な大手買取業者は、実は他にも10店以上も異なる屋号(買取店の名前)を持っているそうで、それぞれで雑誌に広告を出稿しているそうだ。というかそもそも雑誌のバイク買取業者の広告は怪しい。前出のバイク屋(販売業者)の取締役さんが、バイク買い取り専門店を始めた時、買取スタッフの査定実績(○○年式SRをなんて30万で買い取ってもらいました!査定は××さんでした。的な体験談)に高価買取をしたスタッフとして自らの10年前の写真を載せていました、もちろん偽名で。なんてな事を聞くと雑誌の体験談もほとんど釣りの眉唾ストーリーに思えてきます。


Q. 結局バイク買取業者は信用できるの?
Ans. またしても前出のバイク屋の友人に頼ってしまうのですが、信用に足りうる業者も、だめな業者もいるそうです。 ただ見分ける基準として実店舗を持っているか? Webサイトがあるなら、きちんとしたコンテンツを持っているか(FAQや査定の見積もりシュミレート等が充実)などがポイントになるそうです。たしかに怪しいサイトも多いし、携帯一つで実店舗もない中間業者もいそうですよね。あとは納得いかない金額にはYesといわず、書類関係を渡さない事も大切なポイントになります。

check point
1) そのバイク買取業者は実店舗を持ってますか?
2) 売買が成立する前に車検証などを渡せと言ってきますか?(コピーでいいですよね)
3) Webサイトをもっていますか? そのサイトはFAQやサポート体制、会社概要など記してありますか?

Trackback link
小林ゆきBIKE.blog
Iと、愛と、合気道

Posted at May 13, 2004 12:08 AM | Trackback
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?