March 19, 2005 [ グルメ情報 ]

ミネラルウォーター

signature1.jpg

最近通っている整形外科の待合室で「SIGNATURE」という雑誌をよく読んでいる。このNationalGeographicサイズの小冊子は、ダイナースクラブの会員に配っていた会員向けの雑誌で、現在はもう発行されていない本のようだ。

その中でメイドイン日本の酒やウィスキーの特集が面白くて、ミネラルウォーターとお酒の関係に興味が出てきたのでちょっと抜粋 + もろもろ調べてみた。そしていつの日かFumiさんの「水広場」にリンクをしたいと思います。

star.gifミネラルウォーターの美味さは


無味・無色なんていうと水を思い出してしまうけど、実際ミネラルウォーターの味比べをしてみると、モノによって全然味が違う。もちろん硬水・軟水の区別が存在している事は知っているし、実際口にしてもヨーロッパ産のミネラルウォーターは言葉の通り硬いって事位は分かるけど、何がこの味を決めているのかって事はよく分かっていない。たぶんミネラルと呼ばれる奴が絡んでるんだどろうけど、、そんな感じでまず初歩的な辺りを少し調べてた。

star.gifミネラルウォーターに含まれるミネラルの量


やっぱりミネラルウォーターの味の決め手はミネラルだった。けどその量を知って驚いた。
コーヒー一杯(120ml)に砂糖を小さじ一杯(3g)を入れた場合の砂糖の濃度を1とすると、ミネラルウォーターに含まれるミネラルの量は多くても0.08ほど。少ないと0.001程度なのだそうだ。 - SIGNATURE

これはどうだろう。僕が「この水は柔らかくて旨いぞ」とか「この水は硬くて受け付けないな、マズイ」なんてジャッジしていたのは、そんな居るかいないかも分らないような、はかないミネラルを感じとっての判断だったのか、、果たしてそんな事が出来るのか。確かに僕はタバコも吸わないし、やや敏感で分別の有る舌を持っていると自負してはばからない訳だが、味・美味しさを決めるには余りにも小さい単位じゃないか。

waterinbody.jpg
体の七割が水である我々人間には、水を分子レベルで嗅ぎ分ける能力があるのだろう。水が酒の持ち味を左右することも、科学的にではなく五感で理解しているのだ - SIGNATURE

、、、正直よく分らないが、まぁそういう↑事にしておこう。

star.gifミネラルウォーターのミネラルって何ですか


どうもナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウムなど複数の成分から構成されているみたい(硬水・軟水の区別はこのミネラルの中でも特にカルシウム・マグネシウムが多いか、少ないかに因る)。でもマグネシウムって金属元素じゃん、カリウムだってアルカリ金属だし。こんな金属の味が分るし、飲めば体に良い影響があるなんて、、人間てすごいな。ミネラルよりも、ミネラルを分ってやれる人間の懐の深さに感動です。

ミネラルの主な成分ごとの味わい。

ナトリウム塩化ナトリウムは塩ですので、塩辛さ。硫酸ナトリウムは渋み。
カルシウムキリっとした飲みごたえ。重いような硬いような感じ。
マグネシウム少量ならば甘味。多いと渋み。ナトリウムやカルシウムが多い硬水でも、マグネシウムが少ないと渋みが無いので飲みやすい。
カリウム味を引き締める(?)

参考:URL http://www2.odn.ne.jp/shokuzai/water1.htm


star.gifお酒の味を引き立てるミネラルウォーター達


ミネラルウォーターの正体、ミネラルを受け止めてやれる人間の偉大さが分ったあたりで、次はお酒にあうミネラルウォーターをピックアップです。まずは日本産の有名どこのミネラルウォーターから


富士ミネラルウォーター
日本が誇る「富士ミネラルウォーター」。山梨県下部町から湧き出した良質のナチュラルミネラルウォーター。富士山麓の地下水脈から採取され、世界主要国の集まるサミットで公式に採用されている。

fuji1.jpg 品名:ナチュラルミネラルウォーター
原材料:鉱水
採水地:山梨県八代郡下部町
硬度:87(軟水)

・びんタイプ 780ml 136円 / 360ml 68円
・ペットボトルタイプ 2000ml 241円 / 500ml 126円



秩父源流水
秩父源流水は埼玉県 秩父 多摩国立公園の豊かな自然に育まれたミネラルウォーターです。
かなり広範なタイプの酒に合うお水です。

chichibu1.jpg 原材料名:ナチュラルミネラルウォーター
産地:埼玉県秩父郡大滝村
種類:湧水
硬度:45(超軟水)

・10Lx2 2440円
・2L/10本入り 2480円
・2L/6本入り 1780円
・1L/15本入り 2680円
・500ml/24本入り 2780円



ミネラルウォーター 龍泉洞の水
龍泉洞の水はモンドセレクション世界最高品質賞受賞(3年連続)した、ヨーロッパの硬水にも負けない国産硬水。水割りにもとても合います。

ryuusenn1.jpg 原材料名:ナチュラルミネラルウォーター
産地:岩手県岩泉町
種類:鉱泉水
セラミック精密ろ過/非加熱処理
硬度:96.8(軟水)

・2L/6本入り×2ケース 3140円
・2L/6本入り 1940円
・1L/12本入り 2240円
・500ml/24本入り 3340円



コスモピュアウォーター 白神山地
世界でも最大級の広大なブナ原生林が広がる自然卿「白神山地」。「世界遺産」に登録されたそうな。このコスモピュアウォーターはこの大自然を支え続けてきたブナ林に育まれた天然の名水。口当たりと喉越しのよさが特徴で、チェーサーだけでなく、水割りにしてもアルコールとの馴染みがよく酒の旨さがググっとアップする。

cosmo-pure-water.jpg 品名:ナチュラルウォーター
原材料名:水(湧水)
内容量:2,000ml
品質保持期限:ラベルに記載
保存方法:直射日光をさけて保存
採水地:白神山地
硬度:0.2(超軟水)

・2,000ml 1本260円



ハイランドスプリング・ミネラルウォーター
ウィスキーのソーダ割りなら、スコッチ・ウィスキーのマザーウォーター「ハイランドスプリング・ミネラルウォーター」の発泡水(ソーダ)。スコットランドの赤い砂岩と玄武岩から出来た、自然のフィルターを経由したこの水は、高度は121度程(硬水と軟水の間ぐらいの硬度)で、塩分が少なくミネラルのバランスが良いらしい。

HighlandSpringNaturalMineralWater.jpg 品名:ハイランドスプリング・ミネラルウォーター
原材料名:ナチュラルミネラルウォーター・鉱泉水
採水地:スコットランド・ブラックフォード
硬度:121.5(中硬水)

・1500mlx12本入 3,150円位。



ウィスラー・ウォーター
次はロック(氷)で飲む時にお勧めの水。ウィスラー・ウォーターはカナダのコースタル山脈の氷河の雪解け水が火成岩地層でろ過された伏流水(地表を流れている水が表流水で、地中を流れている水が伏流水)で氷にするとウィスキーと相性が良いミネラルウォーター。

whistler1.jpg 品名:ウィスラー・ウォーター
原材料名:ミネラルウォーター・伏流水
採水地:ブリティッシュコロンビア州ウィスラー渓谷(カナダ)
硬度:24(超軟水)



デルアクア
モルトの香、熟成香、ピート香、甘みや塩みなど、お酒を繊細に味わうなら、本来の旨みを邪魔しないクセのないデルアクアの様なピュアな水が良い。デルアクアは、蔵王連邦の麓から湧く天然水をアメリカで開発された逆浸透システムで精製した高純度な水。この逆浸透という技術は人工透析などの医療器具や、スペースシャトルの浄水システムにも活用されている、加熱殺菌の必要のないお溶存酵素を多く含んだ水だ。

delaqua1.jpg 品名:ボトルドウォーター
原材料:深井戸水
採水地:山梨県蔵王半郷
硬度:0.2(超軟水)

・ペットボトル500ml ×24 4,320円位。
・2,000ml 6本 2,280円(380円/本)


・ミネラルウォーター関連リンク
世界のミネラルウォーター - 水ひろば


Trackback Link
ミネラルウォーターに魅了された男の気まぐれ日記
みずなび by junji hashimoto@aqua-sphere
桜子の美健楽ダイエット・ダイアリー
まなちいのMJリポート。:ミネラルウォーター、市場の拡大・競争に拍車
高野潤一郎の「ギャップを埋める視点」:ミネラルウォーター?ナチュラルウォーター?
ミネラルウォーターの宅配

Posted at March 19, 2005 11:27 PM | Trackback
コメント

kuniさん

水についてかなり詳しくなりましたね。
日本国内ではミネラルウォーターは以下のように分類されています。 今度ラベルの「品名」の欄に注目してみてください。
ナチュラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーター
ミネラルウォーター
ボトルドウォーター
と分類されています。

Posted by: fumi : March 22, 2005 10:15 PM

こんちは tadsato です
ここをのぞくのはすごく久しぶりです。

水はとっても大切ですね。

僕は一年前から朝一番に飲む水は「温泉水」を取り寄せてのんでいるのだけど、とても調子がよい。そのおかげがどうか、ここ一年風邪を
ひいてないです。

==

それはさておき、仕事いそがしそうね。
ほどほどにして遊んでください。

僕は去年の暮れから、今・年始にかけてまったく休まないで仕事をしました。

結果、“心がやせてしまった”ような状態になりました。

ようやく最近、暇ができて、少し太ってきたのだけど、それでもガリガリです。

もうちょいで、標準体重になりますので、そのときはまたどこかで呑めるといいです。

Posted by: tadsato : March 23, 2005 04:29 PM

すご〜〜い。
こんなちゃんとしたページのmixiはじめて。
みんなゆるいから…

岩手の龍泉洞の水は岩手県出身としても、イチオシです。
おそらくあの洞窟の水の透明さや、獲れる鮎のうまさに水のうまさを疑う人はいないでしょう。

そういえばなぜか、しばらくパリに住んでから、くさくて飲めなかった硬水がおいしく感じられるようになりました。

軟水バンザイ撤回です。

Posted by: にゅるり : April 7, 2005 02:06 AM

にゅるりさん

>岩手の龍泉洞の水は岩手県出身としても、イチオシです。
新居の水が美味しくないので、とにかく良い浄水器をいれよう!と色々さがします。

日本ガイシのC1は評判がよいのですが、ごぞんじですか?
もちろん自然のミネラルウォーターにはかなわないだろうけど。

Posted by: 92 : April 13, 2005 10:25 PM

面白いですね。
また、きます^^

Posted by: kaori : April 28, 2005 11:34 AM

kaoriさん、はじめまして。
kaoriさんほど水には詳しくもない素人の記事に、もったいないコメント恐縮です。

こどもの頃は夏の体育の後などガブガブ水道水を飲みまくって、しかも「うめー!」なんて思ってたのに、、大人になって違いが分かるようになるのも考え物だと思っております。

Posted by: 92 : May 15, 2005 03:11 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?