October 02, 2005 [ グルメ情報 ]

おすすめ料理本

kurimoto-san1.jpg

先々週にとった遅い夏休み。祝日を挟んで三日間を有給にするだけで、奇跡の9連休が成立する素晴らしいラッキーウィーク。しかしふたを開けてみると基本的には暇で、全然ラッキーじゃありませんでした。

出だしは皆々様のお陰もあり、スケボーで大転倒した事を除いてかなり好調だったんだけど、敬老の日、秋分の日の間の火~木がまずかったです。正直ずっと部屋に篭りっぱなしで、ものすごく暇な三日間。

全部Yahoo!天気予報がいけないんだ。いつもいつも雨の予報を繰り返して、当日になると何食わぬ顔をして傘マークを雲マークにすりかえてやがる。おかげで僕のバイクツーリングの計画は流れに流れてしまった。まぁ天気予報なんて実際そういうものだから、本当はそんなに頭にきてる訳じゃないけど、振り返ってみると結構悔しかったいう事です。

ていうか人間暇過ぎるのも良くないなと、改めて思った。だって夏休みの終わりに、ふとGoogleツールバーの検索履歴(抜粋)を見たら、、


シニガンスープ

ビーフシチュー ソース ひと手間 本格

腹筋 鍛える これ

腹斜筋 図

自殺 掲示板

爆弾 作り方 簡単

大麻 自家 栽培

アマゾン

、、等々と、かなり不謹慎なフレーズも含まれてたりして、暇って怖いなぁとつくづく思った訳です。でこの履歴の最初の方と最後をご覧いただけば、勘の良い方なら分かると思うのですが、休みの後半はすっかり料理魂に火が点いてしいました。引っ越してからこの方ろくに料理をしていなかった僕ですが、最近は外食にも飽きてボチボチと軽い自炊は再開していました。けどこの暇な夏休みに大麻の作り方を調べていた辺りから、手作り系の創作欲求が沸々を湧き上がってきて、腹時計がグーと鳴った瞬間に、ついにビックバンですわ。生来の料理好きに空腹という名の火がついて自炊新世紀へ突入ですわ。

とはいえ石川次郎さんを師と仰ぎ、マガジンハウスで育ったマニュアル世代の僕は、まずは文献収集です。マニュアルがないと一歩も前に進めません。まさに自由っていったいなんだって事になってしまう訳です。

で向かった先がアマゾンです。まずは敬愛する落合務さん、陳健一さんあたりの著書を漁っている内に、ふといわゆる料理研究家と称する人々の本を見てみたくなりました。正直僕はプロの料理人でもない、料理研究家というジャンルの方々の書いた本を軽視しておりました。なんか暇に任せて手の込んだ無駄の多い料理を作っている主婦の、シュフマズクッキングと重なってしまってたんですよね。

栗原はるみ 料理本

けど先日アリゾナ関連の書籍を収集に三省堂へ出向いた時に、偶然見つけて買ってしまった栗原はるみさんジャパニーズクッキングは、僕の誤った認識を正してくれました。

Kurimoto_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg
----

有元葉子 料理本

そんなこんなで、今回アマゾンの人気シェフ・料理研究家別カテから選らんだのが有元葉子さんです。有元さんの本は料理の基本と、奇をてらわないアイディアを教えてくれます。例えば僕が最近凝っているのは、料理の作り置きです。日曜日の昼過ぎから晩御飯の用意と平行して基本の和風出汁や野菜スープなんかを作ります。例えば野菜スープ。これにパスタを加えてチーズを振ればミネストローネになるし、更に翌日はカレー粉を加えてカレーにしたりと手早くバリーエーション豊かな料理に早変わりしていきます。

Arimoto_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg

あと有元さんお勧めの調理器具もなかなか楽しい。土曜日はお勧めの木製の蒸し器を調達して、野菜と海老を調理してみました。特別な下ごしらは無く、ただ蒸してオリーブオイルとレモンに塩でとてつもなく美味しくいただけます。

Mushiki1.jpg

まさに目からうろこですわ。あと僕は電子レンジを持っていないので、冷や飯の扱いだけは往生していたのですが、蒸し器で美味しく温めなおす事ができそうです。相当使えますよ、蒸し器。
----

辰巳芳子 料理本

Soup_ForYou1.jpg

それと辰巳芳子さんのスープ本。これは相当本格的な手を抜けない頑固な雰囲気を醸し出しているレシピ本なのですが、タイトルが「あなたのために ~ いのちを支えるスープ」となっているあたり、言うなれば戸塚ヨットスクールにおける戸塚宏校長と同様のアプローチなのかもしれません。スパルタなんだけどお前をのためにやってるんだぞって感じで、ちゃんとレシピに従えば本当にとてつもなく美味しいスープが出来そうです。とりあえずグリーンピースのペイザンヌ風スープとポトフを作りました。前者はいまいち(冷凍のグリーンピースで手を抜きました、すいません)でしたが、ポトフは劇旨でした! 肉類、野菜類とわず基本的にどれも湯引きをしてからスープにする等、独特の指南が満載で非常に楽しめます。読み物としても面白いのでお勧めです。
----

落合務 料理本

Ochiai_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg

あと、落合務さんのパスタの基本にあった、釜揚げパスタも美味しかったな。ただ茹でたてのパスタをパルメザンチーズとオリーブオイルで和えるだけ。ここに焼きトマトや、焼き玉ねぎ、炒ったパン粉なんか載せて食べるんですが、これがもうホントに劇旨!っす。是非試していただきたいです。

Pasta-tomato-onion1.jpg


ああ、しかし料理って楽しい。何が楽しいって手を使う事の楽しさ。そしてすぐに結果が分かるって事。自分も手を使った仕事を生業にすればよかったとつくづく思う。さぞかし充実感と、明日へのやる気に満ちた日々を過ごせただろうなぁ。。そんなガラスの30代のこ今日の頃でした。

Posted at October 2, 2005 11:23 PM | Trackback
コメント

アマゾンに次いで、自殺 掲示板が人気なんですね。。。

それはさておき、またまたおいしいご馳走を作られたんですね。
いいなー。おいしそ~。

炒めたパン粉は、ガーリックパウダーと胡椒を混ぜると
さらにウマウマでした♪

Posted by: Kaori : October 3, 2005 10:06 PM

Kaoriさんもこのシンプルパスタ試してたんですね!美味しいですよね。
そうかパン粉にガーリックパウダーね、、いいですね。僕のお勧めは、
焼きトマトです。酸味のある新鮮なトマトだと最高です。

でも最近は涼しくなってきたし、こってりしたソースのパスタも恋しくなって
きました。クリーム系で旬の素材、例えばカキなんか使ったパスタも良さ
そうです。

けどなんと言ってもお勧めは蒸篭です。二段あればご飯と副菜が一度機に
作れますよ。やや値段が高いけど、宜しければお試しあれ。

Posted by: 92 : October 4, 2005 12:41 AM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?