old school news

July 06, 2004

Castle_in_the_Pyrenees.jpg

ドーマルの「類推の山」を読んだのは随分と昔ことで、マグリットの表紙に惹かれて手に取ったのがこの本との出会いだったような気がする(でも普通まず目にするのは背表紙なわけで、、何故この本を読んだのかは実には定かではない)。だからこの本が"シュルレアリスム小説の傑作"であるとか、"澁澤龍彦氏のお気に入り"であるとか、"ドーマルがグノーシス派"だったとか、そもそもは"白水社から出版されてい"たなんて事は全然知らなかった。

coment.gif 続きを読む "類推の山"
類推の山 [ ] | Posted at 10:22 PM
Comment (0) | Trackback (0)
February 08, 2004

oliveoil.jpg
Oliveoil tasting notebook

国内発売の輸入オリーブオイル101ブランドの味や香りの評価と最適な使い方を世界的権威アン・ドラモア女史が徹底解説。初心者からプロまで使える“オリーブオイルのミシュラン”。 - Amazon

僕にはスーパーやデパートのオリーブオイル売り場を覗いては、その土地の文化レベルを評価するという悪癖があります。そもそも何でそんな癖が付いたかっていうと、この"おいしいオリーブオイル101"を手に入れて以来、時に本を片手にオリーブオイルを探すのが趣味になったもので。

coment.gif 続きを読む "オリーブオイル 101"
January 16, 2004

車で帰宅途中、
あるカーブに差し掛かった時の出来事、、、、

僕の前を走る車が、一旦落としたスピードを再びゆるゆると上げながら、ゆっくりとカーブを曲がり始めた。僕もそのカーブは少し見通しが悪いって知っていたから、充分用心して曲がったさ。そしたら後ろから赤い回転燈がクルクル、次いでスピーカから停車を促された。パトカーです。車を停めてからもまだ、「前の車が手配車だったんじゃないの?」なんて可能性も考えてた。

警官「なんで停められたか分かんない?」

僕「ええ、何故ですか?」

警官「そこ一時停止だよ」

僕「・・・そうなんですか?」

警官「こ~んなに大きく一時停止ってかいてあるじゃない」
※まるで「僕にはこ~んなに大きな夢がある」みたいな身振り手振り付きで。。

警官「エンジン止めて、車から降りて、オマワリさんの車にきてくれる」

coment.gif 続きを読む "アバウト・ア・ボーイ"
January 03, 2004

gursky.jpg
Andreas Gursky: Photographs from 1984 to the Present

このAndreas Gurskyは全然お勧めできません。プリント悪すぎ。最低限先のエントリーで紹介したMoMa本程度の質がないとマリアナ海溝クラスの被写界深度を誇るAndreas Gurskyの写真が死んでしまいます。

coment.gif 続きを読む "Andreas Gursky"
Andreas Gursky [ アート , ] | Posted at 01:44 PM
Comment (0) | Trackback (0)

andreas.jpg
The Museum of Modern Art, New York (Museum of Modern Art Books)

アンドレアス・グルスキーはこんな人らしいです。

アンドレアス・グルスキーは1955年ドイツのライプチヒ生まれです。父親は商業カメラマンで1957年からはデュッセルドルフで写真スタジオを経営しています。 -Art photo site

アンドレアス・グルスキーの作品はこんな感じっぽいです。

写真の一つの理想が「見たままを写す」事だとしたら、ここに収められている写真はそれを超えています。私たち(少なくとも私)の眼は、これほどどこまでもピントの合った状態で雑踏や風景やプラダの靴を眺めることはできない。そのため、「まるでその場にいるような」感覚ではなく、あくまで「写真を眺めている」事を自覚させられる写真集。お勧めです。  -Amazon.co.jp カスタマーレビュー

coment.gif 続きを読む "アンドレアス・グルスキー"